スタッフBLOG

とりあえず、使ってみた。

2014.08.05

さて、デモトレードなんか意味がありません。実践あるのみと。とりあえず10万円を用意し、リアルトレードを初めてみました。

ミラートレーダーはストラテジ選びがポイントです。わかっちゃいるけど、このストラテジ選びというのが初心者にはなかなか難しいのです。どうせわからないなら、テキトーにやっちゃえというのが、今回の基本方針です。

どのストラテジもその道の達人が練り上げたもの。いい悪いがあると言っても、どれも素人の売買に比べたら雲泥の差に違いありません。なら、その中で優劣などつける必要はありません。ひょっとしたらどれを使っても儲かるかもしれない。という甘い期待の元にランキング無視で、名前が気に入ったストラテジを適当に選んで、放ったらかしで数ヶ月売買させてみました。(←なんという無謀。よい子は真似してはいけません。)

その結果。

スタートから苦しい状況が続いていましたが、少しずつ挽回し、7月にようやくプラスの世界へ。暗闇の世界に明かりが灯ったように、この喜びは忘れられません。おお、これは期待出来るぞと思ったのもつかの間、7月末に大きなマイナス(←と言っても7000円程度)を食らって一気にマイナスの世界へと戻ってしまいました。残念。

10万円を数ヶ月運用して、現在、94,989円。

ま、何も考えずにやってこの結果というのはまずまずなんじゃないでしょうか。始める前にはさすがにきちんと選ばなかったら、あっという間になくなるんじゃないかと思って心配していたのですが、どうやらそういうことはないようです。ということはこのミラートレーダーの良さはまずは、資金管理が出来ているということです。それは何より安心出来ることですね。

この間、選んだストラテジは以下の7つ。

もちろん、ランキングに名前が挙がっていたストラテジを選んだのですが、決して上位でなくても、これはと思ったのは採用してみました。(←ま、名前で決めたのですけどね。)

この中で最後に大きな損(←と言っても7千円。繰り返し)を出したのがスフィンクスです。たいそうな名前をつけやがって見かけ倒しです。速攻使用停止にしてやりました。

さて、第一弾の実験は終わりです。第一弾の実験テーマは □適当に何も考えずにストラテジを選んでトレードすると結果はどうなるかです

出た結論はそれでは勝てないが、かといって大きなマイナスも出ないということでした。

ではこれから第二弾の実験に移ります。今度のテーマは □ともかくナンバー1のストラテジのみ使ってみる。それでどうなるか?

マーケットベースというランキングがあります。「現在のレンジ相場にあったストラテジを検索しています。」と書いてあります。コンピューターが現在をレンジ相場と読み取り、それにあったストラテジを紹介してくれるのです。過去90日間の獲得PIP数でランキングされています。

Lynx
HP TRADING
Qvuivvzs
HP TRADING
Inside Trades
の5つのストラテジです。HP TRADINGが二つありますが、通貨ペアが違うのです。ひとつはGDP/CAD、もうひとつはEUR/JPYです。それぞれ5千通貨という最低単位にし、最大取引量も1回にしています。要は難平などはしないということです。

さてどうなるか楽しみです。こうやってランキング任せで適当にトレードしていくうちに、ストラテジ選びを勉強しますね。

PageTop